建学の精神・基本理念

建学の精神

「時勢ノ必要ニ應ズベキ寫眞術ノ實技家及研究家ヲ養成シ
併セテ一般社會ニ於ケル寫眞術ノ向上發達ヲ圖ル」

時勢の必要に応ずべき写真術の実技家及び研究家を養成し併せて一般社会における写真術の向上発達を図る

東京工芸大学の前身は、大正12年(1923年)に設立された、小西寫眞専門学校です。
小西寫眞専門学校は、小西本店(現在のコニカミノルタ株式会社)代表の七代 杉浦六右衞門が創立した旧制専門学校で、創立者の父で小西本店創始者の六代 杉浦六右衞門が提唱していた「日本の写真技術の振興に寄与する人材を世に送り出し、国家の発展に貢献するためには写真教育を行う専門の学校が必要である」という理想と遺志を後継し実現するために設立されました。
創立当時の先端メディアの一つである写真を広く社会に普及させることを目的としており、本学ではこの建学の精神を継承し、以下の基本理念のもとに教育研究に取り組んでいます。

基本理念

社会に有為な職業人の養成を目指し、確かな基礎教養の上に、先端のテクノロジーやメディアを用いて社会の発展のために活躍する実践的人材と、工学と芸術学の知識・技術と表現を結び合わせた新しい分野の創成に貢献する創造的人材を育成する。

目的及び使命

東京工芸大学の目的及び使命は、次のとおりです。

大学

本大学は,教育基本法に則り,学校教育法に定める大学として,工学・芸術の理論と応用を教授・研究するとともに,広い基礎的視野・認識と高度の専門知識・能力をもち,広く社会において指導的役割を担い得る人間性・感性豊かな人材を育成する。(大学学則-目的及び使命より抜粋)

大学院

東京工芸大学大学院は,工学と芸術学に関する学術の理論及び応用を研究し,その深奥を究めて,文化の進展に寄与することを目的とする。(大学院学則-目的より抜粋)

東京工芸大学について