教職員採用情報 東京工芸大学について

事務職員

中途採用(専任職員)

現在、採用・公募の情報はありません。

専任教員

「本学の求める教員像」について

建学の精神を理解し、本学の使命及び目的を達成するために、強い意欲と情熱をもって教育・研究にあたる者

【工学部・工学研究科】

■東京工芸大学工学部(教職課程)教員募集要項
1.募集人員

教授 1名

2.所属

工学部工学科

3.専門分野

教育学

4.担当

教職課程(工学部・芸術学部)、工学部工学科

5.主な職務内容

教職課程に設置する「教育原理」、「教職概論」、「教育制度・経営論」、「教育課程論」、「特別活動及び総合的な学習の時間の指導法」、「教育方法・技術論(ICT 活用を含む)」のうち2~3科目程度、教職課程に設置する教育実習関連科目(「教育実習A」、「教育実習B」、「教職実践演習(中・高)」、「教育実習事前指導」)、工学部工学科に設置する科目(「総合演習Ⅰ」、「総合演習Ⅱ」、「卒業研究A」、「卒業研究B」)

業績に応じてその他の授業科目を担当していただくことがあります

6.応募条件 以下の各号の条件を満たす方
  1. 建学の精神を理解し、本学の使命及び目的を達成するために、強い意欲と情熱をもって教育・研究にあたる方
  2. 学生の教育に対して熱意のある方
  3. 博士の学位を有する方、もしくは着任までに取得予定の方
  4. 上記の教職課程科目を担当するのに十分な研究業績を有する方
  5. 学内業務に積極的に取り組む意欲のある方
7.着任時期

2025年4月1日

8.任用形態

専任教員(5年任期:再任あり。審査の上、再任された場合は任期を付さない教員として任用されます。)

9.応募書類 以下の1~6の書類を下記メールアドレスまでご提出ください。
書類選考を通過した方には後日1、2の原本を郵送していただきます。
  1. 履歴書(書式自由、過去3ヶ月以内に撮影した写真貼付、E-mailアドレスを記入のこと)

  2. 「応募条件3」の学位取得を証明するもの(学位記の写し、学位取得証明書、修了証明書または修了見込証明書 等)

  3. 教育研究業績書(文部科学省様式)

    以下のURLからダウンロードしたファイルを使用のこと
    https://www.mext.go.jp/content/20230131-mxt_kyoikujinzai02-000003171_2-15.docx

  4. 3の著書・論文のうち代表的な業績5点の抜刷またはコピー

    共著書の場合は、担当箇所をコピーまたはスキャンしたものでも可

  5. 応募動機及び本学着任後の教育・研究に対する抱負(書式自由、あわせて 2,000 字程度)

  6. 応募者について照会が可能な方の連絡先(2名)の氏名、所属、身分、電話番号、E-mail アドレス(書式自由)

10.提出期限

2024年7月31日(水)(必着)

11.選考方法

書類選考、面接及び模擬授業(本学厚木キャンパスを予定)

  1. 選考結果の連絡等は E-mail で行います。
  2. 面接及び模擬授業は、書類選考を通過した方のみに実施します。
  3. 面接及び模擬授業に係る交通費は、応募者負担となります。
12.提出及び問い合わせ先

(提出先)
〒243-0297 神奈川県厚木市飯山南5-45-1 東京工芸大学 庶務課
TEL:046-242-4111(代表、平日9 時-17 時)
E-mail:shomu.atsugi@office.t-kougei.ac.jp

(応募内容に関する問い合わせ先)
東京工芸大学 教務課 担当:齋藤
E-mail:kyoumu.atsugi@office.t-kougei.ac.jp

13.その他
  1. 提出書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には一切使用しません。
  2. 選考過程において健康診断書の提出を求めることがあります。
  3. 選考結果の連絡等はE-mailで行います。
  4. 書類選考を通過した方は、封筒に「応募書類在中」と朱書し、書留(簡易書留可)で郵送してください。
  5. 本学教員の定年は65歳です。
  6. 選考に係る交通費等は応募者の負担とします。
  7. 応募書類は原則として返却しません。選考終了後責任をもって廃棄します。

詳細については各募集要項のリンクをご確認ください。

【芸術学部・芸術学研究科】

現在、芸術学部・芸術学研究科の採用・公募の情報はありません。