相互利用サービス 図書館

文献複写・現物貸借

必要な資料が本学にない場合、文献複写や現物貸借などの相互協力をおこなっています。

相互利用サービスの利用方法

OPAC(東京工芸大学図書館蔵書検索システム)で所蔵の有無を確認してください。
カウンター備え付け用紙に申し込むか、「お問い合わせ」をご利用ください。
メールで申し込む場合は、以下の内容を記入してください。

  • Subject (表題)は bunken とする
  • あなたの学籍番号と名前
  • 所属しているなら、所属研究室の教員名
  • 自費払いか、研究費払いかの別(研究費を使用するときは、担当教員の許可を得てください)
  • レファレンスデータ(著者名・タイトル・掲載誌名・巻号・ページ・年号)

申し込みから到着まで、およそ1週間かかりますが、特に急ぎの場合は速達指定で申し込むことができます。
図書も同様に他機関から借りられます。ただし、図書館内のみでの利用となりますのでご了承ください。
JIS規格票も取り寄せることができます。
特許については、特許庁のホームページで検索し、無料で全文をプリントアウトすることができます。

他大学図書館を利用するには

他機関閲覧願が必要です。閲覧したい図書館・資料・日時がわかっていれば、すぐに発行できます。探している資料の所蔵情報など、レファレンスサービスもおこなっています。カウンターで相談してください。