活動報告 保護者の方へ

後援会の活動について

東京工芸大学後援会は、会則第4条に定めるとおり「会員相互が協力し、東京工芸大学及び学生の発展と向上に寄与すること」を目的として設置しています。会員である保護者の中から、各学科・各学年1名の役員を選出し、特別会員である大学教職員の皆様とともに本会を運営しています。

2017年度後援会活動報告

第1回執行委員会が開催されました

2016年6月3日に、中野キャンパスにおいて後援会長、同副会長及び大学の常任委員による第1回執行委員会が開催されました。2017年度教育・研究助成費の審査及び6月16日に開催する第1回役員会の議題確認等を行いました。

第1回役員会が開催されました

2017年6月16日に、ハイアットリージェンシー東京(西新宿)で第1回役員会が開催されました。新役員の選出、2016年度決算、2017年度予算案等が審議され、意義なく承認されました。また、役員会の終了後には懇親会が行われ、新役員の紹介を含め、保護者の皆様と教職員との間で活発な情報交換が行われました。

後援会総会が開催されました

2017年7月8日に中野キャンパスにおいて後援会総会が開催されました。 2016年度決算及び2017年度予算のほか、2017年度の後援会事業について審議され、意義なく承認されました。その後、食堂でランチをしながら交流した後、午後には就職情報サイトマイナビの副編集長による「就職に関する講演会」を開催しました。講演会では、テレビや新聞等のメディアだけでは伝わらない、就職活動の本質や工芸大生に特化した就職活動のコツ等について具体的にお話ししていただきました。