ハラスメントの防止対策 在学生の方へ

本学では、全ての学生および教職員が個々として尊重され、互いの信頼のもとに勉学や課外活動、業務にいそしむことができる環境をつくり、これを維持していくことが重要と考えます。しかしここ数年、世間では男女間の性的嫌がらせ(セクシャルハラスメント)や大学内での権力や地位を利用した嫌がらせ(キャンパスハラスメント)の問題が大きく取り上げられるようになりました。このようなハラスメントは本来あってはならないことと考えます。本学ではハラスメントに対し断固たる態度でこれを排除・防止することを宣言いたします。また万一、本学でこのような問題が発生した場合は、常に適切な対応と、迅速な解決に向けて取り組みます。

ハラスメントとは

勉学、研究、課外活動、就労等の関係においてなされた他の者を不快にさせる性的な言動、及び修学、就労上における学内の力関係を利用した不適切な言動です。行為者本人が意図すると否とにかかわらず相手方に不快なものと受け取られ、その言動によって不利益を受け、また威嚇や屈辱感を与えられることにより、学び、活動し、研究し、働くための環境を著しく損なうものをいいます。

ハラスメントが起こったら

相談窓口

相談員に直接相談してください。
電話・手紙・電子メールを用いて相談してください。

自分がハラスメントにあったら

不快であることを、その場で相手にはっきりと伝えてください。
いつ・どこで・誰から・どのようにされたのか、また証人や目撃者がいるのかできるだけ詳しく記録してください。
勇気をもって相談してください。

友人がハラスメントにあったら

見過ごさないで助けましょう。
被害者の相談にのって、精神的に支えてあげましょう。
相談窓口に行くように勧め、同行してあげましょう。
必要なら証人になってあげましょう。

相談する勇気を持ちましょう

圧力や仕返しを恐れることはありません。
言っても無駄だと諦めないでください。
自分にスキがあったからだと、自分を責めないでください。
問題をひとりで抱え込まず、信頼できる人に相談してください。